050-3567-8123 〔受付時間:11:00-21:00〕

必要なもの

1.必須

ギターイメージ

ギター(エレキギターまたはアコギ)

好きな色や形で選んでください。
変形したギターは始めての方にはお勧めしません。1万円のセットや5,000円の中古でも構いません。しかしながら、あまり安すぎるものを買うと、演奏しづらい、すぐ壊れるなどの不具合が出る確率が高くなります。値段による違いは、音質、耐久性、弾き心地に比例します。
長くギターを楽しみたい方は3万円~以上のギターの購入を目安にしてください。当教室ではレンタルも可能です。

チューナー

チューナー

ギターはチューニング(調弦)といって、各弦を決められた音程に合わせる必要があります。種類も色々ありますが、クリップ式のチューナーが手軽です。

チューニングのやり方

2.消耗品

ピック

ピック

ピックを使わない奏法もありますが、ストローク(ギターをジャカジャカ弾く奏法)や弦を素早く弾くためには、ピックが便利です。ティアドロップ型は細かい動き、おにぎり(三角)型はコードストロークに。また厚みや素材も様々です。

弦

エレキギター用、アコギ用とあり、弦の太さや材質に種類があります。
6本の弦のセットではそれぞれ太さ(ゲージ)が異なり、太い方が6弦で1弦に向かってだんだん細くなっていきます。太ければ、大きく強い音が出せますが、押さえる力が大きくなります。
初心者の方はエレキ、アコギともエクストラライトゲージ等の細い弦をお勧めします。※パッケージに「.009」という表記がされている弦は、0.009インチ

3.場合によって必要になるもの

ストラップ

ストラップ

立って演奏する場合に必要ですが、座った状態でもギターを安定させるためにストラップを掛けるのも有効です。

ギタースタンド

ギタースタンド

ギターを適切に立てておくことで、トラブルを回避できます。スタンドの良いところは「すぐに弾ける」事。 

カポタスト

カポタスト(カポ)

ギターのネックにつけてキー(音の高さ)を変えることが出来ます。弾き語りなどでよく使用されます。演奏する曲によって必要になる場合もあります。

ギターケース

ギターケース(ギグバッグ)

持ち運びにはソフトケースが便利です。厚手の物だと安心。

4.エレキギターであると良いもの

シールド

シールド(エレキギター・エレアコ)

ギターをギター専用アンプ等に接続するケーブルをシールドといいます。音質にも影響します。音が出ない原因の一番はシールドです。
セット付属のシールドは断線(内部で切れる)が起きることが多いので、しっかりしたもの(2,000円程)を購入しましょう。

練習用アンプ

練習用アンプ

特にエレキギターの場合はギターアンプと合わせて、一つの楽器と言えます。気持ちよく演奏するためにも、大事な機材です。
パソコンやスマホなどでも代用可能ですが、別途機材が必要になります

ギターエフェクター

エフェクター

音を加工する機材。必要であれば揃えましょう。

5.メンテナンス、練習にあると良いもの

工具

ギター用クロス

ギターの汚れは弾き心地に影響します。演奏後は汗などをふき取りましょう。

ストリングワインダー

弦を素早く、交換出来ます。

ニッパー・ドライバー

弦の交換や、弾き易くするよう調整するときに使用します。

メトロノーム

レコーダー、メトロノーム、譜面台、ヘッドフォン

練習で活用できます。

free trial

体験レッスン

DiGGERSギター教室ではご入会前に、実際のレッスンを無料で体験していただくことが出来ます。
体験レッスン申し込みフォームに必要事項をご記入ください。
※体験レッスン時の施設使用料はお支払いいただきます。(~¥1,000)

体験レッスンを受けてみる